2013年2月の週刊文春で水素含有量の話題が記載されました。水素水関連商品は水素が実際に入っていない商品としっかり入っている商品があるとのこと。私たちの目には見えない水素。一般的には水素含有量を表す単位ppmを使用していますが、中には違った表記もあり知識がないと比較ができないという状況です。ここでは、しっかりと水素水を選べるように水素含有量の基礎知識を知ってもらえればなと思います。

水素含有量の表記について

水素含有量を表す単位は大体ppmという表記をしています。ppmとはパーツパーミリオンの略で100万分のいくらであるかという割合を示す数値です。中にはppbやmg/Lなどの表記を使っている企業もあります。

ppbとはパーツ・パー・ビリオンの略で10億分のいくら。ppmと比べるとかなり少ないという意味ですね。1ppm=1000ppb

mg/Lとは水1リットルの中に物質が何mg入っているかということ。水素が何ミリグラム入っているとか想像しにくいですよね。ちなみに1ppm≒1mg/Lです。

水素水の豆知識一覧

  • 水素水の容器について

    水素水の商品は、世の中に多数あります。しかし種類は大きく分けて次の5種類に分けることができます。

ページトップへ戻る

水素水総合ランキング

水素水の豆知識

  • 水素水の容器の違い

    水素は一番小さい元素なので、何でも通り抜けていきます。水素を閉じ込めることが出来る容器な何なのでしょうか。

  • 水素含有量について

    水素水にとって最も重要なことはどのくらい水素が入っているかということです。

  • 水素水の飲み方について

    水素水の飲み方は、通常に水と異なります。

COPYRIGHT 2013 水素水ランキング ALL RIGHT RESERVED