水素水の商品は、世の中に多数あります。しかし種類は大きく分けて次の5種類に分けることができます。アルミパウチに入った水素水、アルミ缶に入った水素水、ペットボトルに入った水素水、水素水をその場で作る水素水サーバーとステッィクを入れて水素を発生させるタイプです。では、この5種類の中でどういう基準で選べばいいのでしょうか。

アルミパウチ

水素水に使われているアルミパウチは特殊4層構造になっていて、水素が抜けにくい状態です。アルミ缶とペットボトルと比べても一番水素が抜けないようになっています。ただし、キャップから水素が抜けますので、最高でも製造から4ヶ月以内に飲んだ方がいいでしょう。

アルミ缶

アルミパウチに次いで水素を逃がさないのがアルミ缶です。大手が出している水素水(ロート伊藤園)はこのタイプが多いです。容量も200~300mlしかないので、タップリ飲みたい方はアルミパウチがいいでしょう。

ペットボトル

今ではペットボトルはほとんど見なくなりましたが、ペットボトルに入った水素水は、100%水素が抜けた状態です。水素は一番小さい分子なので、ペットボトルだといとも簡単に通り抜けてしまいます。製造時に水素水でも1日経てば水素はほぼ抜け出します。ペットボトルに入った水素水はほぼインチキ商品と言って間違いありません。絶対に選ばないようにしましょう。

水素水の豆知識一覧

  • 水素含有量について

    水素は一番小さい元素なので、何でも通り抜けていきます。水素を閉じ込めることが出来る容器な何なのでしょうか。

ページトップへ戻る

水素水総合ランキング

水素水の豆知識

  • 水素水の容器の違い

    水素は一番小さい元素なので、何でも通り抜けていきます。水素を閉じ込めることが出来る容器な何なのでしょうか。

  • 水素含有量について

    水素水にとって最も重要なことはどのくらい水素が入っているかということです。

  • 水素水の飲み方について

    水素水の飲み方は、通常に水と異なります。

COPYRIGHT 2013 水素水ランキング ALL RIGHT RESERVED